デリヘルについていろいろと比較をしてみました

風俗でもより高い刺激を求める人はハプニングバーに行きましょう。ハプニングバーは素人同士のさまざまな出会いや趣味性癖を楽しむバーです。

単独で入店もできますが、カップルやレズ、ゲイなどその道の好きな人たちが集まり会話やプレイを繰り広げるのです。しかし最近では警察の厳しい取り締まりもあり、どちらかというとおとなしめのルールを守ったハプニングバーがはやっているようです。

網タイツを穿いた女性のお尻

デリヘルと比較して料金的にはどんなふうなのか

デリヘル情報サイトを見てみると、料金体制が豊富にあります。例えばカップルで入店する場合は二人合わせての金額になるので入会金が2000円からになり、入店料金は3000円からというふうになります。

単独男性客の場合は少し高めに設定されていて、入会金が5000円からで入店料金も5000円からというパターンが多いです。

想像すればわかりますが、男性客にとっては見る楽しみ、あわよくばプレイに参加できるという期待があるので高くなるわけです。逆に女性単独の場合は安く設定されていて、入会金が500円からで入店料金が高くても1000円ほどです。

サイトを見てみると、時間帯によっても変化しますが、女性客をたくさん呼び込みたいということがわかります。ほとんどが会員制なので気心のしれた人たちと安全に遊べる風俗としてプレイスタイルが成り立っています。

デリヘルと比較してプレイスタイルはどのようなものか

その日によってお客さんは違いますので、人によって毎日違うプレイが楽しめる刺激的な風俗と言えます。カップルを交換して自分のパートナーがほかの人とプレイしているのを見ながら自分もプレイしたり、のぞき穴から見ながら自分でプレイするスタイルもあります。

コスプレや3Pなどといった形にとらわれないのが大きな特徴になります。注意するのは何でもしていいというわけではないので、相手とのコミュニケーションをしっかりとって確認して楽しむようにしましょう。

沢山のアダルトグッズ

どんなお店を選べばいいのか

インターネットのホームページがあるなら必ず参考にしましょう。できれば口コミがリアルタイムで更新されているなら比較的安心と言えます。

その後電話でよく確認して時間帯や金額を検討しましょう。その際の電話対応によってお店の雰囲気を垣間見ることができます。

もし余裕があるなら入店するまでに何回かついでによってお店の入店客を見てみるといいでしょう。ハプニングバーは風俗では珍しく身分証明書が必要なところです。

入会するときに身元が確かな人なのかという確認なのです。ですからより高い刺激を求めるとは言ってもそれはルールにのっとった安心な遊びをしましょうということなのです。

このようにハプニングバーにはデリヘルに限らず、その他の業種にはないシステムやじかんの過ごし方があるようです。

デリヘルを含め、一般的な業種を遊び尽くしたという人にとっては、ハプニングバーというのはまた新しい刺激と体験が得られますので、お勧めなのかもしれません。

しかし、風俗初心者にとってはまだまだハードルが高いと言えますので、初心者の方はあまり無理をぜずに楽しめるデリヘルで遊んでみることを強くお勧めいたします。